ジャパンネット銀行・VISAデビットカードのメリットと注意点

ジャパンネット銀行・VISAデビットカードは、クレジットカード同様に使える機能が付いた、ATM用のキャッシュカードです。

 

このVISAデビットカードは、発行のための審査は不要です。

普通預金口座を開設すれば、デビッドカード機能が付いたキャッシュカードが発行されます。

 

なお、デビッドカード機能が付かない、キャッシュカードだけも選択枝にありますので、口座開設申し込みの際はご注意下さい。

 

このカードで、クレジットカード同様に、店頭やレジにVISAの表示がある店舗、VISAカードが使えるネットショップで買い物ができます。

 

デビッドカードとキャッシュカードとの違いは、デビッドカードは、口座の残高以内の利用に限られ、金額にかかわらず、1回払いのみ。デビッドカードを使って買い物をした場合、支払い金額はすぐに口座から引き落とされます。

分割払いはありません。

 

メリットはなんといっても、年会費が無料な点です。

ホームページには「年会費・発行手数料は永久に無料」とあります。

 

同じデビットカードでも、楽天銀行の場合は、年間1000円以上の維時手数料がかかってしまいます。

ついでに付記しておくと、以前なら、ジャパンネット銀行は個人預金の「口座維時手数料」が必要だったのですが、現在は無料になりましたので、ご心配なく。

 

ひとつ注意しないといけないのは、口座残高の金額以内でしか、デビットカードは使えませんから、特に海外からの買い物には、送料付加の有無、為替の変動などを、あらかじめ調べておかないといけません。