ETCカードを作るメリットと注意点

以前は高速道路の料金を支払う時は料金所で現金払いでしたが、最近ではETCで支払うのが主流になっています。そのため料金所もETCレーンの方が多くなってきているので高速道路を頻繁に利用する場合はETCカードを作っておいた方がいいでしょう。

 

ETCカードを作る時はクレジットカードが必要になります。クレジットカードと同時に作るか既に持っているクレジットカードでETCカードを追加発行する形になります。

 

ETCカードを作ると高速道路の料金を支払う時にETCレーンを利用する事が出来るのでスムーズになるというメリットがあります。またETCで支払いをすると現金払いより割安になるので高速道路にかかる費用を節約する事が出来ます。そのためETCカードを作ると経済的にも大きなメリットになります。

 

ETCカードは発行会社によってサービス内容が異なってくるので申し込む前にしっかり確認しておく必要があります。まず確認しておきたいのは年会費で大きく分けると無条件で無料、条件付きで無料、有料とあります。

 

年会費が有料の場合はサービス面で特典を受けられる場合もありますが、基本的には無条件で無料のETCカードを選んだ方がいいです。年会費は1年ごとにかかるので長い期間で考えると家計に大きな負担がかかってきます。そのため経済的な事を考えると無条件で無料のETCカードにした方がいいでしょう。

 

ETCカードを利用するとポイントを貯める事が出来ますが、発行会社によって還元率が変わってきます。ポイントは多く貯まるほど家計の節約にも繋がっていくのでなるべく還元率の高いETCカードを選ぶといいでしょう。