旅行に行く前に入金しておくと現地で使えます

トラベルプリペイドカードは、海外旅行に行く前に日本で入金をしておいて現地で利用できるカードです。
現地で利用できる金額は、日本で入金した金額までしか利用ができませんが、その分お金の管理をしやすいカードだと言えます。
使い方は、買い物をした際にカードを提示して利用できたり、現地の通貨をATMから引き出したりできます。

 

つまり、日本で入金しておけば、デビットカードに近い形で使えることやキャッシュカードとしても使える機能を持っているということです。
ちなみに、クレジットカードと海外プリペイドカードの違いは、クレジットカードが後から料金を支払うことに対して、海外プリペイドカードは先に料金を支払っておくのが大きな違いです。

 

海外プリペイドカードを作ることは簡単で、銀行口座を用意する必要がなく、クレジットカードの申し込みのような審査がないため誰でも作れます。
申し込み方法ですが、インターネットや空港からでも申し込みが可能となります。
カードへの入金方法は、インターネットバンキングを利用する方法や、銀行ATMなどから利用する方法があります。

 

入金管理や残高などもインターネットを通じて行えますので、旅行先でスマホがあれば全ての管理は行えます。
海外プリペイドカードを選ぶ際に気をつけることは、どの通貨を持てるのかを知ることです。
カードごとに利用できる通貨に違いはあるので、どのカードがどの通貨に対応しているのか調べてから申し込みをしましょう。