ヤフーカードはTポイント加盟店ならどこでもポイント貯め放題なのでネット通販ユーザー以外でも使い勝手が非常に良い!

ヤフーカードの魅力は、レストランやガソリンスタンドなど様々なジャンルの店で支払い代わりに使えるTポイントがザクザクと貯められる点が第一にあります。
しかも100円ごとの買い物や飲食でTポイントが1ポイントずつ付与される仕組みになっているので、定期的に購入する食料品や日用品などは加盟店でショッピングするのが是非お勧めです。

 

ちなみにヤフーカードでYahoo!ショッピングやロハコなど自社グループの通販サイトで生活用品や化粧品、雑貨などをネットショッピングし、尚且つカード決済を選ぶと、
通常のショッピングの3倍のTポイントが付与されるので、これは大変効率的なポイントの貯め方になるので覚えておくと便利です。

 

又、年金や公共料金の支払いもヤフーカードで決済する事もポイント付与対象になるので、口座引き落としや現金で払い込むよりは大変お得です。
尚、ヤフーカードは初年度を含む2年目以降も取引状況関係なしに年会費無料で維持できて家計にも優しいですし、楽天やリクルートカードのようにポイント利用又は貯められる店が大幅に制限されていないので、ポイント失効前に有効に消費しやすいのもメリットです。

 

飛行機や地下鉄をよく利用する人にとっても、貯めたTポイントをANAのマイルやsuicaポイントに変える事もできるので、旅行やレジャーで意外にお金が掛かる交通費も節約可能です。

 

ただヤフーカードは、学生や主婦でも比較的契約しやすい流通系クレジットカードなので、もっと高ステータスのカードを持ち歩きたい社会人の場合は少し物足りなさを感じるかもしれません。

 

しかもファーストフード店やコンビニなどでもTポイント決済できる便利なカード故に無駄遣いをしやすいリスクもあるので、正しい金銭感覚を持ちながら日々利用管理する事をお勧めします。

旅行に行く前に入金しておくと現地で使えます

トラベルプリペイドカードは、海外旅行に行く前に日本で入金をしておいて現地で利用できるカードです。
現地で利用できる金額は、日本で入金した金額までしか利用ができませんが、その分お金の管理をしやすいカードだと言えます。
使い方は、買い物をした際にカードを提示して利用できたり、現地の通貨をATMから引き出したりできます。

 

つまり、日本で入金しておけば、デビットカードに近い形で使えることやキャッシュカードとしても使える機能を持っているということです。
ちなみに、クレジットカードと海外プリペイドカードの違いは、クレジットカードが後から料金を支払うことに対して、海外プリペイドカードは先に料金を支払っておくのが大きな違いです。

 

海外プリペイドカードを作ることは簡単で、銀行口座を用意する必要がなく、クレジットカードの申し込みのような審査がないため誰でも作れます。
申し込み方法ですが、インターネットや空港からでも申し込みが可能となります。
カードへの入金方法は、インターネットバンキングを利用する方法や、銀行ATMなどから利用する方法があります。

 

入金管理や残高などもインターネットを通じて行えますので、旅行先でスマホがあれば全ての管理は行えます。
海外プリペイドカードを選ぶ際に気をつけることは、どの通貨を持てるのかを知ることです。
カードごとに利用できる通貨に違いはあるので、どのカードがどの通貨に対応しているのか調べてから申し込みをしましょう。

ポイントが優れているリクルートカードの長所と気を付ける点

リクルートカードは無料の部分が多くあり、発行に掛かる手数料などもなく、年会費も掛からないために費用面をあまり考慮せず作ることが出来ます。

それでいてポイント還元率も高くなっているために、今まで現金で払っていた分をリクルートカードで支払えばポイント分だけ丸々お得にすることが出来るのです。

 

ポイント還元率が高いのですが、一部の旅行サービスなどはさらに高額のポイント還元率になっているために、利用の仕方次第でポイントを多く貯めることが出来ます。そしてポイントの使用もリクルートのサービスの他にもpontaポイントに交換をすることが出来るので、使用範囲を大幅に広げることが出来るのです。

 

そのためにポイントを貯めても使用しないものに交換する必要もなく、日常で有効的にポイントを消費することが出来るのが優れている点であります。

 

しかしリクルートのポイントはpontaポイントとして使用する際には一度交換する必要があるために、まず交換しないといけないのが短所でもあります。

そのために咄嗟に使おうと考えた場合でもすぐに全部を消費出来ないことがあるので、手間がが掛かってしまいます。それでも交換は容易に出来るために、支払いを行う直前に行っておけばすぐにでも使用できるので、慣れていくことでスムーズに使用することが出来るようになります。

 

リクルートカードはポイントが優れており、使い方の工夫や手間などが掛かってしまうことがありますが、便利に使用することが出来ます。

ファミマTカードの特徴と受けられる特典

最近ではコンビニも100円コーヒーやイートイン完備など便利になりましたが、ファミリーマートではクレジットカードも作る事も出来ます。ファミリーマートのクレジットカードはファミマTカードでファミリーマートで買い物をするとTポイントが貯まります。またカードブランドがJCBなのでJCB加盟店の店舗で買い物をする時もクレジット払いをする事が出来ます。

 

ファミリーマートは火曜日と土曜日がカードの日に設定されていてその日に買い物をした時にファミマTカードを提示してクレジット払いをすると通常の5倍のTポイントが貯まるという特典があります。Tポイントはファミリーマート以外でTポイントを取り扱っている店舗でも使用する事が出来るので経済的に大きなメリットになります。ファミマTカードを持っている人はファミリーマートで買い物をする日をカードの日に設定されている火曜日と土曜日している人が多いです。

 

ファミマTカードを持っているとファミリマートの商品が会員限定価格で購入する事が出来ます。対象商品は日替わりになってしまいますが、主に飲料水が対象になっている事が多いので日常生活の中でファミリマートで飲料水を購入する人はメリットになります。

 

ファミマTカードは利用可能枠が少なく設定されているので使い過ぎを防止する事が出来るのもメリットです。クレジットカードを持っていると金銭感覚が狂ってしまう事もあるので使い過ぎないようにしたい人もファミマTカードはオススメのクレジットカードです。

マイルが貯まりやすいクレジットカードとは?

マイルを貯まるとお得な事が多く、旅行好きな人は、なるべくマイルを貯めたいと考えている人は多いのではないでしょうか。
そんな航空系のクレジットカードの中で、マイルが貯まりやすいおすすめのカードをご紹介したいと思います。

 

まず、一番におすすめするカードは、「ANA VISA Suicaカード」です。

 

このカードは通常のANAカードにSuicaの機能がついたクレジットカードです。
このカードの最大の特徴が、Suicaにチャージするだけでマイルが貯まる事です。

 

Suicaを利用して電車に乗ったり、支払いをしたりしている人も多いと思います。
旅行に行ってマイルを貯めるのには限度がありますが、様々な支払いに利用できるSuicaをチャージする事は、日常生活でも多いのではないでしょうか。

 

Suicaにチャージをして、Suicaで支払いして、またチャージをする。これだけで効率的にマイルを貯めることができるので、マイルを貯めたいなら「ANA VISA Suicaカード」がおすすめです。

 

また、「ANA VISA Suicaカード」と同じくらいおすすめなのが、「JALカードSuica」です。
こちらも「ANA VISA Suicaカード」と同じように、Suicaの機能がついています。

 

SuicaをチャージするとVIEWサンクスポイントが貯まり、これはマイルに変換できるので、「ANA VISA Suicaカード」と同じようにSuicaをチャージするだけでマイルが貯まっていきます。

 

どちらもSuicaをチャージするだけでマイルが貯まるので、ANAをよく利用する人はANAカード、JALをよく利用する人はJALカードを選ぶのがお得です。

 

どちらも旅行に行くなら利用する事も多い航空会社なので、マイルが貯まりやすい航空系カードが欲しいなら「ANA VISA Suicaカード」と「JALカードSuica」の2つを選ぶのをおすすめします。

お店が少ない田舎住まいには大変便利なカード

イオングループというと地方の郊外の広大な土地に大きなショッピングモールを展開していることで知られていますが、まさに地方の田舎住まいの私にとっては近所にある唯一といっていいほどの大型商業施設がイオン系列のお店です。

 

買い物先に選択肢がないことも大きいのですが、日用品の買い物はほぼその施設に入っているスーパーで行っていますし、モール内にはグループ系列のオシャレなお店もたくさんありますので、ファッションアイテムやスキンケア用品や雑貨などに関しても一緒によく購入しています。

 

普段はあまりクレジットカードを利用しないほうなのですが、イオンカードに関しては日常的に系列店で買い物をしているからこそカード利用がとても便利です。年会費が永年無料ですのでコスパもいいですし、近くにイオンのお店があれば作っておいて損はないと思います。あとはたまに映画が視たくなった時、割引デーに利用できるというだけでも得した気分です。

 

ただ、感謝デーにはいつも何かしらセールが開催されて割引利用もできますが、還元率に関しては決して高くはありません。利便性の高いカードではありますが、そこだけはデメリットだと感じます。といっても塵も積もれば山となるで、日常的に買い物をしていることからやはり気がついたら結構な料金分カード利用で得をしています。

 

たまにする大きな買い物の際にまとまった支払いをするために使うカードというよりも、食材や日用品の細々した買い物用に向いているカードです。

女性のためのJCBのLINDAカード

ビビットにはじけるハートにすっきりとしたストライプ、おしゃれで遊び心のあるボーダーにキュートでクールなジャパニーズモチーフと、可愛いデザインが揃うJCBのLINDAカードは女性にオススメしたいクレジットカードです。地味になりがちなクレジットカードを華やかにしたそのカードは、カードケースの中を素敵に彩ってくれます。

 

女性が持ち歩きたくなるカードを目指し、生み出されたデザインは、クレジットカードを一枚の作品として昇華します。鮮やかな色合いと個性あふれる印象的なラインは、JCBカードをただの支払い用のカードにさせません。

 

こだわりのカードデザインの他にも、女性に嬉しい保険やプレゼントのチャンスを、カード会員になることで受け取ることができます。LINDAカードは、あくまでも女性のために作られた、女性の生活を豊かにするカードなのです。

 

その他にも使えば使うほど貯まりやすくなるポイントプログラムは、買い物好きの女性にとっては欠かせないポイントで、デザイン重視で作ったものの、今はメインで使用しているという女性も少なくありません。眺めて満足使って満足のカードを、どう使用していくかは持ち主次第です。

 

女性向けのクレジットカードとして、現在では数多くの商品が各カード会社より展開されていますが、JCBのLINDAカードはその先駆け的な存在で、既に多くのファンを抱えています。可愛いものを好み、機能的なものをよしとする女性の支持を得続けることが、魅力あるカードと示す生きた証明となるのです。

高還元率のクレジットカードならリクルートカードがオススメ

女性にとって日々の買い物は楽しいものです。そして、クレジットカードを利用することで、お得な買い物を実現することができます。クレジットカードを利用すると、購入額に応じてポイントが付与されるからです。だから、よりお得な買い物をしたいなら、クレジットカードを作る前に還元率が高いことを確認すべきだと言えます。貯めたポイントは現金感覚で使えるので、お得なことは間違いありません。

 

ですが、高い還元率のクレジットカードは、注意すべき点があります。それは年会費や作成費が発生しやすいことです。良い条件のクレジットカードは、その分だけ作成のハードルが高くなります。発生した費用を補えるだけの買い物をしていれば問題ありませんが、クレジットカードの利用頻度が少ないと大変です。高い還元率のクレジットカードを作成しても、赤字になってしまいます。

 

その問題から逃れたいなら、費用が一切発生しないクレジットカードを作成すべきです。極端な話、全く買い物をしていなくても赤字になることがなくなります。そして、実は高い還元率であるにも関わらず、無料で作成できるクレジットカードがあります。それはリクルートカードです。リクルートカードは利用金額の1.2%が還元されるため、無料のクレジットカードの中では破格の還元率だと評価されています。

 

そして、私がリクルートカードをオススメするのは、じゃらんの旅行代で使えるからです。旅行好きである私は、リクルートカードで貯めたポイントをじゃらんに転用しています。定期的に旅行を楽しんでいるなら、リクルートカードの作成がオススメです。

クレジットカードを選ぶポイント

職場までの車通勤の距離が長いと、ガソリンを給油することで割引きを受けられるクレジットカードに申し込むことでガソリン代の負担を減らすことができます。
そこで、クレジットカードを選ぶ際に何をポイントにして選んだらいいのかをあげてみます。

 

まず最初のポイントは、年会費無料のクレジットカードを選ぶということです。
初年度は無料で次の年から年会費がかかることがありますので、注意をすることです。

 

次のポイントは、利用するガソリンスタンドを絞り込むことです。
ガソリンを給油するのは仕事帰りになることが多いため、仕事帰りに利用することを意識してクレジットカード会社を選ぶことになります。
ガソリンスタンドのメーカーはいくつかありますので、その中で自分が利用するガソリンスタンドがどこのメーカーなのかを覚えておくといいでしょう。

 

次のポイントは、値引きのされる金額を理解することです。
クレジットカードによっては値引きのスタイルは違っています。
1ヵ月どんなにガソリンを入れても一律で2円の割引きを受けるものや、1ヵ月のガソリン代が2万円~5万円なら1リッター辺り4円引きというように、クレジットカードによってそれぞれの条件が違ってきます。
毎月どの位ガソリン代を使っているのかを把握をすると、どのクレジットカードが1リッター辺りの値引きが大きいのか分かってきますので、理解しておきたいものです。

 

また、通勤距離が長いとロードサービスに入っておきたいということを考えることはありますが、ロードサービスが付帯しているクレジットカードもありますので、それらの踏まえて選ぶといいでしょう。

ゴールドカードは一般のカードに比べて、はるかに幅が広いカードです。

ゴールドカードのメリットは、海外の1流レストランで割引を受けられたり、空港のラウンジを無料で使えたりするところにあります。
なので、海外旅行によく行く人なら、1枚はゴールドカードを持っておきたいところです。

 

では私もゴールドカードを作ってみるかと思われた方、ちょっと待ってください。
ゴールドカードには一般のカードとは違う点がひとつあります。
それは、「幅の広さ」です。
ゴールドカードを作るなら、この幅の広さをよく考えた上で作る必要があります。

 

この幅の広さとは、言いかえると格の違いです。
一般カードは、基本的にどれも似たようなカードばかりなので、適当に申し込んでも、問題ありません。
ですが、ゴールドカードの場合は違います。

 

ゴールドカードの場合、一般カードに毛が生えた程度のなんちゃってゴールドカードから、エリートしか持てない、ほとんどプラチナカードレベルのゴールドカードまであります。
この2つ、同じゴールドカードですが、年会費も特典も審査難易度も、すべてがまったく違います。
これを同じと考えて申し込むと、後で困ったことになります。
なので、ゴールドカードを申し込む場合、そのカードの公式サイトを隅から隅まで見て、いくら年会費がかかるのか、どれだけの特典があるのか、そういったところを熟知する必要があるのです。

 

一般カードを申し込む場合、どのカードもさほど違いは無いので、
そこまでする必要はないですが、ゴールドカードを申し込むなら、そこまでしておく必要があります。
ゴールドカードがほしいなら、それを覚えておくと良いでしょう。